×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




東京メトロ 半蔵門線01(渋谷〜表参道)

東京メトロ 半蔵門線へ

東京メトロ
半蔵門線
Z01
「渋谷」
駅構造 島式ホーム1面2線(地下駅)
乗り換え 東京メトロ 銀座線に乗り換え→
東京メトロ 副都心線に乗り換え→

東京急行電鉄(東急) 田園都市線に乗り換え(直通)→
東京急行電鉄(東急) 東横線に乗り換え→

JR東日本 山手線に乗り換え→
JR東日本 埼京線に乗り換え→
JR東日本 湘南新宿ラインに乗り換え→

京王電鉄 井の頭線に乗り換え→
所在地 東京都渋谷区道玄坂二丁目1-1
備考 道玄坂地下にある、
『東京メトロ 半蔵門線線』および、
『東急 田園都市線』双方の始発駅です。
駅管理業務は、『東京急行電鉄』が行い、
相互直通運転を行う、一体型の運行をしている為、
中間駅のような扱いで、
『半蔵門線』には当駅始発の列車が設定されていません。

この駅は、島式1線しかなく、
朝夕ラッシュ時に当駅での条項には相当な時間がかかり、
これが、『田園都市線』のネックになってもいます。

地下駅で、しかも構造的に増設には膨大な金額がかかるため、
列車の本数を増やすことでしか対応できません。

『田園都市線』は、全国的に見てもラッシュはワーストクラスです。



ちょうど「渋谷駅」で、『東急田園都市線』と、
『東京メトロ半蔵門線』が分かれています。

が、駅名表示は東急のもので、
この駅の管轄は東急です。



「渋谷駅」は『東急』管轄ですが、
地下駅なので、入り口は地下鉄の駅らしさを持ちます。



この道路の下に、
『半蔵門線』の線路が走っています。



『東急田園都市線』『東京メトロ半蔵門線』の他に、
『副都心線』もこの地下ホームにあります。
この時はまだですが、
こちらも『東急東横線』に直通します。



きっぷ売り場はこのような形で、
「渋谷」という大きな駅の割には割と狭い作りです。

ラッシュ時の乗客は日本トップクラスの駅なのに、
大丈夫なのでしょうか?







改札もここと奥側の出口があるだけで、
乗客を捌き切るには不安が残るでしょう。



このように、『半蔵門線』には、
1面2線のホームまでしかありません。



1番線は『東急田園都市線』となり、
2番線が『東京メトロ半蔵門線』となります。




『東京メトロ』側には、
各停、急行がやって来ていますが、
各停も急行も、『半蔵門線』内では全て各駅停車になります。



1番線から先『東急田園都市線』では、
各駅停車、準急、そして急行の運転をします。



ホームの奥側には『副都心線』への連絡口があり、
そのまま乗り換える事が可能です。



『東急』8000系車両で、
『東武伊勢崎線』乗り入れ「久喜」行きが来ました。



「渋谷駅」を出発します。

東京メトロ 半蔵門線02(表参道〜青山一丁目)
東京メトロ 半蔵門線02(表参道〜青山一丁目)

戻る
戻る