×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




東京メトロ 日比谷線06(霞ヶ関〜日比谷)

日比谷線05(神谷町〜霞ヶ関)

東京メトロ
日比谷線
H06

「霞ヶ関」

中央省庁が多く位置し、世界的にも有名な駅です。
駅構造 島式ホーム1面2線(地下駅)(日比谷線)
乗り換え
東京メトロ 丸ノ内線に乗り換え→
東京メトロ 千代田線に乗り換え→
キロ程 7.0km(中目黒起点)
所在地 東京都千代田区霞が関二丁目1-2
備考 霞ヶ関の名は良く知られており、
中央省庁が多く位置する駅ともなっています。
外務省、財務省、経済産業省、
そして、中央合同庁舎があります。

上役の人は地下鉄を利用しないのでしょう。
その姿は一般的な駅とは変わらないものとなっています。

バスは霞ヶ関と経済産業省の二か所の停留所があり、
都営バス、西東京バス、東急バス、JRバス関東バスがあります。


東京の中心地に位置する「霞が関駅」は、
色々といわくつきの駅になってしまっいましたが、
結局のところ、東京の中心の駅としては欠かすことができません。

駅構造自体はコの字型になっており、
『千代田線』〜『丸の内線』の乗り換えは、
『日比谷線』ホームを経由する事になり、相当に面倒になります。







『千代田線』と『日比谷線』には、この「霞が関駅」に、
折り返しができる留置線があり、
朝ラッシュ時には、「霞が関」行きが設定されています。



『東武線』車両の到着です。
次は「日比谷駅」です。

東京メトロ 日比谷線07(日比谷〜銀座)
東京メトロ 日比谷線07(日比谷〜銀座)

トップへ
トップへ
戻る
戻る