×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




東京メトロ 丸ノ内線 方南町支線01(方南町)

東京メトロ
『丸ノ内線
(方南町支線)』


(4号線丸ノ内線)
路線記号“m”
開業年 (支線)1961年開業
路線距離
(営業キロ)
3.2km
軌間 1435mm
駅数 4駅(m-03 方南町〜M-06 中野坂上)
複線区間 全線
電化区間 全線(直流600V第三軌条方式)
備考 『丸ノ内線』の支線で、
「中野坂上」から分岐して「方南町」へと向かう支線です。

支線完結の路線で、
「方南町」の駅番号が03から始まっている、
ということから、延伸を考えそうですが、
直通する事も困難な『丸ノ内線』の規格では、
延伸はする気はないようです。

支線ですが、日中6〜9分間隔と、
運行本数は頻繁です。

支線専用の3両編成車両が用いられ、
ごく一部だけ本線車両が直通運行を行います。

東京メトロ
丸ノ内線
m03

「方南町」
駅構造 島式ホーム1面2線(地下駅)
乗り換え なし
キロ程 0.0km(方南町起点)
所在地 東京都杉並区堀ノ内一丁目1-1
備考 『方南町支線』の起点駅になります。

環七通りと方南通りの交差地点にある駅で、
線路もこの駅で頭端で始まっています。

ホーム柵はあるものの、バリアフリー設備は無く、
どことなく『東京メトロ』でも辺境の駅としての、
雰囲気を伺う事になるでしょう。

駅周辺は、環七通りや商店街になっています。



環七通りが方南通りと交差している地点です。
立体交差になっています。



「方南町駅」上のこの辺りは、
日中の交通量もかなり多くなっています。



「方南町駅」の1番出入り口です。
交差点にあるものの、かなり小さい入口です。



もう一つの2番出入口は商店街の中にあります。



このように目立たない場所に、
駅の入り口があります。











支線は3両編成ですが、
ぎりぎり6両編成の内5両までが入ります。



「方南町駅」がm-03の番号から始まるのは、
本線と合流する、「中野坂上駅」と駅番号を合わせるためで、
別に延伸計画があるわけではありません。



「方南町駅」では、頭端で線路が終わっています。



日中は11分ごとの運行の時もあり、
『東京メトロ』の中でも運行は少ない駅です。



























車内はこのような形で、
『丸ノ内線』本線と同じ仕様の3両編成です。



『丸ノ内線』本線と同様に、
支線もワンマン運転になりました。

東京メトロ 丸ノ内線 方南町支線02(中野富士見町〜中野新橋)
東京メトロ 丸ノ内線 方南町支線02(中野富士見町〜中野新橋)

戻る
戻る